トラブルなくM&Aを進めたいなら 仲介業者を利用すべし

このエントリーをはてなブックマークに追加

行なう前に把握しておく

ウーマン

多くの企業が行なっているM&Aは買主サイドにも売主サイドにもメリットが多くあります。代表的なものとしてシナジー効果があります。これまで以上に双方の会社の経営がうまくいく可能性があります。しかしながら、企業文化や企業組織が異なりますので、統合には時間をかけましょう。

買収するときには注意する

握手

医療法人をM&Aで買収するときには医療保険制度と非営利性の問題があります。保険医療サービスを提供するには指定を受ける必要がありますが、買収したときに売主に違反があれば買主もサービスの提供ができなくなります。

良い会社と提携しよう

男性

事業の拡大に向けて

M&Aは企業同士を繋げるために利用されるものであり、お互いにメリットがあるシステムです。このM&Aは仲介業者に紹介してもらうことで、スムーズに行うことができます。M&Aの魅力は事業拡大が手軽にできるという点です。企業を買収しようとする場合、事業を増やす目的で行うことが多くなります。自社と同じ業務を行う会社を選ぶ場合もあれば、他の面を強化するためにメインの業種とは違う会社を選ぶこともあります。M&Aは仲介手数料などもかかりますが、一般的にはほとんどが成功報酬になります。そのため業務提携が行われた場合のみ仲介手数料を支払うケースが多く、問題も起こりにくいことが特徴となっています。M&Aを利用して、会社をパワーアップさせることもできます。

会社を大きくする方法

M&Aは、買収する側にだけメリットがあるわけではありません。買収される側にも、安定した大きな企業に組み込まれることで雇用などの安定化が図れるというメリットがあります。また経営陣も一新されますし、それまでの赤字負債が解消することもあります。社長の後継者がいない場合もあり、買収を望んでいる会社も少なくないのです。M&Aの仲介業者はそのようなお互いにメリットが一致する会社を繋げることで、良い効果を生み出しています。成立しなかった場合でもいくつかの候補を出してくれることがありますので、何度か挑戦してみることも良いでしょう。もちろ目的の業種で良い会社が見つからない場合には、時期を改めることも必要になります。

事業拡大のチャンス

ビル

M&Aの相手は誰でも良いわけではなく、互いに不足している部分を補ったり、シナジー効果を発揮できたりする経営統合が望ましいと言えます。敵対的買収に伴うリスクを避けるため、調査や交渉には独特のノウハウが必要です。