行なう前に把握しておく|トラブルなくM&Aを進めたいなら 仲介業者を利用すべし

トラブルなくM&Aを進めたいなら 仲介業者を利用すべし

このエントリーをはてなブックマークに追加

行なう前に把握しておく

ウーマン

M&Aは買主側から見ると大きなメリットがあります。これまで以上に会社の規模を拡大させたいときや事業を多角化させたいときに行うと、大きな利点があります。また、弱い部門を強化したり新規事業に参入するのにも、新しく事業展開をする必要はありませんので、M&Aは有効です。もちろん、買主側だけではなく売主側にもメリットはあります。経営者の後継者問題で解決が困難なときには経営の見通しが見えないために、M&Aを受け入れて傘下に入った方が事業を続けていく上で重要です。しかも、同じような事業をしている会社とのM&Aであればシナジー効果も生み、経営がより安定化することが多いです。このように買主にとっても売主にとってもメリットが多くあります。

M&Aにはメリットが多くありますので、最近では非常に多くの企業で行われています。しかしながら、M&Aを行なうには注意しなければならないことがあるのです。それは買収した会社側から売主側に経営陣が入ってくるときに、従業員との関係を大切にしなければいけないということです。今までの会社のやり方や伝統を買収企業に合わせるようなことをすれば軋轢を生じて会社としての機能がうまく働かなくなることもあるのです。そのため、企業組織や企業文化はそのまま保存して、時間が経過してから少しずつ変えていくようにしましょう。完全に統合するには時間がかかるということです。そのため、M&Aを実施するときには諸般の事情を考慮した上で行いましょう。