事業拡大のチャンス|トラブルなくM&Aを進めたいなら 仲介業者を利用すべし

トラブルなくM&Aを進めたいなら 仲介業者を利用すべし

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業拡大のチャンス

ビル

相手探しが重要

M&Aは買い手企業にとっては、コストや時間をかけずに事業を拡大できるチャンスであり、売り手企業にとっては、経営基盤を強化したり後継者問題を解決したりする有力な方法となります。とはいえM&Aの相手は誰でも良いわけではありません。まったく畑違いの事業同士が合併・買収を行なっても、互いが蓄積した人材やノウハウを活用しにくく、従業員の間に不安や不満も出やすいと考えられます。上流と下流の統合や、ライバル企業同士の統合は、M&Aのメリットを比較的実現しやすい代表的な例です。互いに不足している部分を補ったり、シナジー効果が現れたりすれば、M&Aは成功と言えます。そのためにも相手探しは慎重に行なう必要があります。

友好的に買収

相手の同意を得られないM&Aは敵対的買収と呼ばれます。敵対的と言っても、結果的には経営難に陥った企業を救うことになる場合があり、必ずしも悪いことではありません。しかし対外的なイメージは悪くなりますし、貴重な人材が流出したりヘッドハンティングされたりするリスクもあります。できるだけ有効的に買収したほうが好ましいことには違いありません。スムーズに相手の同意を得るためには、被買収企業の立場を尊重することが大切です。相手の弱みに付け込むような態度は避けるべきでしょう。しかし同時に、売り手の弱点を把握しておくことが、買収後の経営改善には不可欠です。このようにM&Aの成功には、調査や交渉に独特のノウハウが必要となります。